ススメ 理系サラリーマン (たかひろ)

「後輩力」高めの外資系アシスタント(理系)が、グローバル企業で悪戦苦闘する様子を発信します!

デキる理系男子を目指してます! 仕事術、英会話に関する情報発信します!

交渉術は日常でも使えるスキルです ~ 相手を言い負かすのが交渉ではない

交渉(ネゴシエーション)と聞いて、外交官が行う国同士の決め事や、企業同士の激しい価格の値切りあいをイメージするかもしれません。

 

でも、交渉って、普段の生活の中でもあふれているんですよね。

例えば、

  • 彼女と次の旅行先を決める。
  • 上司と仕事の分担を決める。
  • 奥さんと家事の分担を決める。

こんな感じで、誰のまわりにも、日常的に交渉はつきものです。

 

つまり、「交渉術(ネゴシエーションスキル)」を身に着けることで、日常のあらゆる場面で活かすことができます

 four men looking to the paper on table

✔ そもそも交渉って、何を目的にしているか

 

そもそも、交渉って何のためにやるのでしょうか?

 

結論:両者が得をする形で、ものごとを決めることを目的にしています。

 

少なくとも、

  • 交渉(ネゴシエーション)とはどちらかが勝って、どちらかが負ける。
  • 相手を打ち負かす(言い負かす)。

こういった「一方的な勝利」が目的ではありません

 

仮に、最初の交渉で相手を言い負かして自分だけが得をする結果を得られたとしても、相手の心の中でしこりが残ってしまいます。

 

そうすると、次回以降の交渉で不利になってしまったり、そもそも交渉すらさせてもらえない状況になってしまうかもしれません。

 

また、企業同士の交渉でも、どちらかの企業の担当者が一方的に要求をしてしまうと、会社全体のイメージが悪くなってしまいます。

 

 

交渉では、どっちも納得した形で、Win-Win終結するのが一番良いです。

two women taking to each other while holding pens

 

✔ 交渉 にも 種類 がある

交渉するやり方にも、いろいろ種類があります。

 

例えば、とある夫婦の家事の役割分担について交渉をするとしましょう。

 

ケース①

旦那さん:「部屋の掃除の役割分担だけど、僕ときみで、それぞれ決めた曜日に2回ずつでどうだい?」

奥さん :「私は料理を担当しているから、掃除は全部あなたがやってよ。」

旦那さん:「それじゃあ、僕が3回で、きみが1回でどうだい?

奥さん :「それならいいわ!」

 

このケース①は、掃除の回数の落としどころを見つけるパターンです。

 

 

掃除をやってほしい旦那さんと、掃除は旦那さんに任せたい奥さんの妥協点に落ち着いたパターンです。

 

 

交渉というと、一般的にこのようなパターンが思いつくと思います。

 

1,000円で売られていたものを、800円に値切ったところ、900円で売ってもらうことができた、みたいな感じです。

 

✔ 少しだけ難しい言葉で解説:

このケース①の時の「旦那さんが掃除3回、奥さんが1回」のように、妥結する可能性がある着地点のことを、ZOPAと言ったりします。

ZOPA:Zone Of Possible Agreementの略。

 

✔ ZOPAという単語の 使い方の例:

僕はこの商品Aを最低でも1000円で販売したいけれど、お客さんは800円以下でないと買わないと言っている。両者の間でZOPAが存在していない状態だ・・・。

 

 

 次のケースでは、交渉は別の着地点に落ち着きます。

 

ケース②

旦那さん:「部屋の掃除の役割分担だけど、僕ときみで、それぞれ決めた曜日に2回ずつでどうだい?」

奥さん :「私は料理を担当しているから、掃除は全部あなたがやってよ。」

旦那さん:「それじゃあ、僕が掃除をすべてやるから、君は週に1回布団を干してくれるかい?

奥さん:「それならいいわ!」

 

このケース②は、掃除はすべて旦那さんが引き取るが、代わりに他の家事をやってもらうというもの。

 

新しい交渉の材料として、「布団を干す」をテーブルに乗せ、総合的に家事分担をすることに成功しました。

 

 

こういったケース②のような交渉術は、回数や値段のように数字で中間地点が見いだせないケースで有効です。

 

例えば、

  • イタリアに旅行したい奥さんと、国内旅行が好きな旦那さん。
  • サッカーを見たい彼氏と、バラエティを見たい彼女のチャンネル争い。
  • 旅行先の食事で中華を食べたいAくんと、イタリアンが食べたいBくん。

 こんな感じで、両方の中間地点を見いだせない場合です。

 

 

✔ 交渉では 相手のニーズ を把握することが重要

 

交渉がうまく行かない場合(ZOPAが存在していない場合)、相手のニーズを知ることで、交渉を進めやすくなることがあります。

 

具体的に説明します。

 

上述の ケース②では、奥さんは決めた曜日に2回の掃除はしたくないけれど、週に一回の布団干しを引き受けることにしました。

 

なぜこのような妥結ができたのでしょう。

 

奥さんはもしかしたら

  • 決められた曜日に、家事をするのが嫌だった。
  • 週に2回の家事が増えるのが嫌だが、1回であれば良しとしよう。
  • 布団を干すのが嫌いじゃない。 

 こういったニーズを持っていたのかもしれません。

 

そして、旦那さんもこういった奥さんのニーズを把握していたのかもしれません。

 

だからこそ、2人が納得する形で家事の役割分担ができたのでしょう。

 

このように、相手のニーズを把握することで、交渉の妥結点の選択肢が広がる(ZOPAが広がる)んです。

 

例えば、仕事でも、

  • 業者さんとの交渉で、商品Aの値段を下げてもらう代わりに、商品Bも購入しよう。

こんな感じで一般的に使われる手法ですね。

f:id:takahirohaneta:20200701192959p:plain

 

✔ 多分、みんなが自然に使っているスキルだけど

ケース①、ケース②のいずれのパターンも、多くの人が普通に使っているスキルだと思います。

 

でも、こういった違いを「意識」「理解」しておくこと、ZOPAを広げるという考え方・概念を理解しておくと、交渉する際の引き出しがぐっと増えます。

 

 相手も、自分も納得する形で、Win-Winで交渉ができるといいですね😊

プライバシーポリシーおよびお問い合わせフォーム